大泉学園,練馬区 眼科,小児眼科

大泉学園,練馬区 眼科,小児眼科

大泉学園,練馬区 眼科,小児眼科
月・火・木・金曜日
午前 09:00 - 12:00
午後 15:00 - 18:00
土曜日
午前 09:00 - 12:00
休診日
水曜日・日曜日・祝日
最終更新:2016年12月12日

斜視(小児眼科)

当クリニックでは小児の斜視に対して、様々な検査を行って、原因に応じた治療を行っております。

斜視とは

目はあるものを見るときは左右同じ方向に視線が向きます。
しかし、斜視の場合は片方の目は視線が正しく目標とする方向に向いているのに対し、もう片方の目が内側や外側、あるいは上や下に向いています。

斜視は乳幼児期の弱視、強度の近視や遠視などで目の筋肉バランスが崩れてしまうことにより起こります。また、外傷による場合もあります。


斜視の症状

黒目が内側による(内斜視) 片方の黒目が内側に寄る
黒目が外側による
(外斜視)
片方の黒目が外側に寄る。たまにしか寄らないこともあり、その場合、しっかり物を見る時は視線がずれないのに、疲れているときや眠いときに、どこを見ているのか分からない目つきになる。
黒目が上下による
(上下斜視)
内斜視や外斜視に、上下のずれが加わることが多い。上下のずれが大きいと、物を見るとき首をかしげることが多くなる。

斜視は主に片方の目に頼ることになりますので、使わない斜視の目の視力が低下したり、ものの見え方(遠近感など)が違ってくるようになります。