大泉学園,練馬区 眼科,小児眼科

大泉学園,練馬区 眼科,小児眼科

大泉学園,練馬区 眼科,小児眼科
月・火・木・金曜日
午前 09:00 - 12:00
午後 15:00 - 18:00
土曜日
午前 09:00 - 12:00
休診日
水曜日・日曜日・祝日
最終更新:2016年12月12日

弱視(小児眼科)

小児の弱視は早期治療することが大事です。
弱視の治療は6、7歳以降になると治療の効果があまり期待できないといわれているため、6歳以前に治療することが大切です。

弱視とは

視力が発達する小児期に網膜に鮮明な像が映らないことによって、ものを見るために必要な脳の機能が発達しないために起こります。
手遅れになると(視力の発達期を過ぎると)どんな眼鏡やコンタクトレンズをかけても視力が出なくなる病気です。


弱視の症状

ものがよく見えないのが弱視の大きな症状です。

両目が弱視の場合、ものに目をくっつけるようにしてを見たり、見ているものから離すと嫌がる様子が見られます。
但し、片目が弱視の場合は、視力がよいほうの目で見えているため、周りも気づかないことが多いようです。気づかない場合、3歳児健診で発見されることが多いのでぜひ受けましょう。